休暇村裏磐梯キャンプ場

3/22/2018

 

ここをキャンプ地とする‼︎

 

水曜どうでしょう藤村D風

 

さて、東吾妻山を登ってから、

今宵の宿はどこにしようか悩んでいて、

ライダー達に人気のママキャンプ場に行こうか悩んだのですが、

ミソハギのシーズンも過ぎていたので裏磐梯の休暇村にしました。

 

来る途中、またしてもいろいろ寄り道をしてしまい、

喜多方ラーメンとビールと餃子という、

大凡オサレな女子キャンパーとはかけ離れた食材をチョイス。

 

チェックインし、なにやらサイトマップみたいなのをいただき、

私はこういう高規格?中規格?

のキャンプ場を利用したことがないもので勝手がわからず、

まあとにかく広そうなのでサイトチェックに向かいましょう。

 

そしたら平日だけあってガラガラ。

それでも見晴らしの良いフリーサイトだけは結構な幕数がありました。

トイレも炊事場も近くなので便利なんでしょうね。

磐梯山も見えるのかな???

 

そういう賑やかしいところが苦手なのと、

なんてったって水辺が好きなもので、

ここを見つけた時もう、他の選択肢はありませんでしたね。

 

このスナフキン感最高ですよね。

 

ここにティピ張ったらスナフキンになれると思う。

 

 

テントを張るのが面倒で、タープだけで夜は寝袋で寝ればいいや。

 

 

マキは車に積んであるので買わなくて良いのです。

 

このコーヒーの袋のマキ運びバッグは、良子ちゃんが作ってくれました。

いつもありがとう。

 

 

ひゃー

 

かっこいい〜 

 

ブッシュクラフトの真似事がしたいのです。

あたたかく見守ってください・・・

 

このセットを家でちまちま作りました。

 

麻ひもさいたものとワセリン染み込ませた綿球。

そしてファイヤースターター

 

100円のケースにお気に入りのロゴを転写しました^ ^

 

 

 

一発だぜ〜

 

 

 

もう帰りたくないロケーション

 

まじ住みたい

 

 

餃子餃子

 

 

ホットサンドので綺麗に焼けるな〜

 

 

こちらもお気に入りの五徳

 

 

ラーメン

 

まずそうだけど美味しかったですよ。

 

まるで親父ソロキャンパーみたいなメニューです。

 

あまりにも素晴らしくてロケーションに浸りきっていたら、

トイレのことをすっかり忘れていて焦りました。

 

この川を渡っていかないと行けないんだ、、、

 

もう真っ暗で、どうしようかと思いましたが、

ランタン一つでこの暗闇の中トイレに行ける自分がすごいと思った(ーー;)

 

着込んでそのままタープの下で寝ようと思ったら、

なんか遠くの方にキラリと光る目のようなものが見えました。

それ見たら怖くなり、

結局車の中で弱々しく寝てしまいました。

 

翌日は高速を使わず、会津から栃木へ向かう下道で。

ここの間は良い風景が沢山です。

 

是非

 

Please reload