ヒュッテ手白澤

3/23/2018

 

 

私はどうやらすっかり奥鬼怒にハマってしまったようで、

八丁の湯から戻ってものの数日で、

今度はさらに奥の手白澤まで行ってしまった。

 

 

女夫淵の駐車場から八丁の湯まではこの間と同じだ。

今度は早いうちに歩き始めたのであいつに怯えることもなく快適。

 

 

八丁の湯を過ぎると加仁湯が見えてきた。

 

 

ここも送迎をやっているらしい。

立派な建物だな〜

 

 

で、私はこっち方面へ

 

それにしてもこんな時間なのに誰にも会わない。

やっぱ平日って空いてるんだね。

 

 

 こんな木の橋を渡り

 

 

ここからが素晴らしいブナ林でした。

 

で、やっぱこいつだよ(ーー;)

 

でもまあ今日は大丈夫でしょう。

 

ブナ林を過ぎて少ししたら到着しました。

 

駐車場からは2時間ちょっとかかりました。

 

 

さっそく温泉です。

 

八丁の湯は人が多くて撮影できなかったけど、

なんと貸切です。

 

 

水道なんかありません。

八丁の湯もこんな感じでした。

贅沢ですね^ ^

 

 

こんな広い部屋に私一人。

 

 

のぼせたので涼みに下の川へ

 

 

コーヒーを飲みました。

 

 

ビストロ手白澤^ ^

 

 

レストランじゃなくて歩いてしかいけない山小屋です。

一応念のため。

 

 

すごいね。

 

 

こんなの出されちゃそりゃ飲まないとね。

 

 

ワインも頼んでこの食前酒が美味しかったのでまた飲んで、

もうお腹がいっぱいです。

 

 

デザートまで出てきた〜〜〜

 

山小屋へ一人で行くと、

大勢のおじちゃんやおばちゃんの団体がワイワイやって、

ぽつねんと一人で食べるのも何か居場所がない感じだし、

かといって、たまに餌食にされて最後まで付き合わされることがあったりと、

どっちも困ったもんなのですが、

ここは単独行の方が多くて気が楽でした。

 

食後また貸切で風呂に入り、

ロビーでお目当の岳をを待つもとうとう帰って来なかった。

 

ヒュッテのスタッフの方が言うには、

多分今日は八丁に行っているんじゃないかと言う。

 

今回なんでこんな強行な感じでまたここへ来たかと言うと、

奥鬼怒の美しい清流に魅せられたことが一つ。

もう一つは、奥鬼怒3温泉を行き来する、

それぞれの小屋のワン達に会いたかったからなんです。

 

八丁へ泊まった時、

加仁湯方面へ歩いて行くワンを見かけた。

すぐに外へ出たけどもう姿がなくて、

それが心残りだったんです。

 

あきらめきれず外を眺めていると、

そのうち雨が降り出した。

本降りだ。

これはもう、岳は八丁にお泊りするのだろう。

 

翌朝、早く目が覚めひとっ風呂。

そのままロビーへ直行するも、

雨ますます強く、、、

 

部屋に戻り帰り支度。

なんと、レインカバーを忘れてる、、、

ゴミ袋も小さいのしかなくて、

これは困った>_<

なんとか止んでくれるといいんですが・・・

 

 

朝食。

 

旅館のようなお膳ですね。

美味しくいただきました。

 

雨、もう土砂降りに近く、、、

 

この山奥でもネットが使えるようになっているので雨雲レーダーを見ていると、

1・2時間待ったぐらいじゃどうにもなりそうにない。

仕方なし帰るとするか。

 

小屋のご主人に会計をしてもらい、

ひょっと外を見てみると、

岳が帰って来てるじゃないですか‼︎

 

 

ずぶ濡れ^ ^

 

 

ブルブルブルっとやって、

見張りをしている。

 

撫でてみるも疲れているのか無反応(ーー;)

 

まあじゃれついて欲しいのではなく、

実はこの子たちは、

登山者と一緒に宿から宿のコースを歩くことがあると言う。

それを期待していたのです。

 

ご主人に、岳は付いて来てくれるかな?と聞く。

 

さっき帰って来たばかりだからね。とご主人。

 

案の定、岳はつれない素振り>_<

 

でも会えただけでもいいや。

 

 

岳は川上犬という犬種で、足の指が6本あるんだよ。

ご主人に言われ見てみると、

本当だ〜

 

雨降り続く

 

 

岳にも会えたしそろそろ出るか・・・

 

ザックカバーは?

 

あっ、大丈夫です。

忘れてしまって、、、

 

ご主人慣れた手つきでゴミ袋に二つ穴を開け、

これで大丈夫と担がせてくれる。

 

ありがとうございます。

 

 

 ご主人と岳

 

もしや岳が後ろから来てるんじゃないかと、

なんどもなんども振り返ったけど、

そのうちもうあきらめた。

振り返ってあいつがいたら嫌なので。

 

きっと今頃疲れて寝ていることだろう。

 

ずぶ濡れで駐車場に戻ると、

なんともおしゃれな格好をした男性が歩いてくる。

 

ウォーこれはもしやあのブラピの映画じゃないのか???

いや、それに違いなかった。

 

なんでも見てくれから入る私は、

フライフィッシングの方の装備と言うかファッションというか、

それを見てるだけで身震いがするほど好きなのです。

 

それにしても、こんな雨でもあの紐みたいなの投げれるのかな・・・

 

素敵なハットに素敵な長靴、

びくというの?

籐でできたカゴはこの上なく美しい。

ああ、なんて紳士的なオールドスタイルなのでしょう・・・

 

それに比べ私はドブネズミだな(ーー;)

 

あんまりジロジロみると怪しいので、

挨拶だけして車に戻りました。

 

帰りはまた上人一休の湯に寄ってしまった。

 

次は日光澤の3ワンのところへ行こう。

 

Please reload