台風による大規模停電につきまして

9/12/2019

皆さま

 

いつもありがとうございます。

aojashinのミイです。

 

この度の大規模停電に際しまして、沢山のお見舞いメールやご支援をいただきましたこと、

まずはお礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

 

近況につきましては、12日の19時過ぎに私の地域では停電が復旧し、

通信障害もそれに伴い解消されました。

ガソリンはまだ少し時間がかかりますが給油可能となり、

スーパーやコンビニはいつものように動き出し、

2時間3時間と待つこともなくなりました。

家の破損も一部でしたので、この状況落ち着き次第対処を考えております。

体調面に不安もございません。

お気遣い感謝しております。

 

5月末より母のことと老犬の介護とで動けなくなってしまい、

aojashinは急遽お休みをいただいておりました。

状況が少し落ち着いてきましたので、9月の暑さが一段落する頃から撮影再開を予定し、

延期になってしまったお客様の調整を行っている最中の出来事でした。

 

撮影地周辺もかなりの被害が出ています。

瓦礫や倒木の撤去作業が今後優先されると思いますので、安全に撮影できる状況が確認できるまで時間が少し必要です。

近々撮影予定のお客様につきましては、

誠に申し訳ございませんが続けて延期のお願いをすることになってしまいそうです。

こちらはこの後個別に延期の調整をさせていただきます。

 

2020年の撮影受付も9月中にお知らせする予定でおりましたが、

こちらはこの状況ですので10月以降に見送りたいと思います。

申し訳ございません。

 

年々厳しくなる暑さによる撮影時期の縮小、

桜の木の伐採や台風被害による海の環境の変化など、

自然相手の撮影はこれまでも多くの困難がございました。

その度にお客様はロケ地の変更を余儀なくされ、

皆さん文句も言わず足を運んでくださいました。

今年の春もそうでした。

そのようなお客様に支えられてaojashinはこれまでやってこれたのですが、

今回の台風でさらに方々がダメージを受け、また延期のお願いという・・・

 

くじけるという言葉は適切でないかと思いますが、

今はこの言葉が私の心の大半を占めています。

本当に申し訳ございません。

 

そして、撮影に快く場所を提供くださっている南房総の海や山間の地区の方々は、

未だ停電復旧せず断水状態が続いており、それも心苦しく思っています。

スタッフの良子ちゃんと出来ることは動いておりますが、この程度ではどうにも埒があきません。

館山や南房総の現状が停電直後にはあまり報道されていないということを、

皆さんのメールで初めて知りました。

そして、ネットが使えるようになり本当にそのように感じました。

これはどうしたものでしょう。

 

房総は海だけでなく山もとても多いところです。

その奥のうんと上の方には昔ながらの家が点在していて、

そこには独居のお年寄りやご夫婦が暮らしています。

昨日の時点でどこも公民館などに給水車が出ており、

水は確保できるようになりましたが、家屋の倒壊が著しいです。

屋根や壁が崩れ落ち、それをお年寄りが危なく上に登り作業をしているのが現状です。

 

週末には雨が降りそうです。

配布されるビニールシート一枚では雨風はしのげそうにありません。

一刻も早く各方面への訪問が必要に思います。

 

母の通院する病院には各方面から続々とDMATが到着していました。

搬送される救急患者の数が尋常ではなく、

あふれ返る待合室はただ事ではないのでそのような要請が出ているのだと思います。

ただ、病院だけでなく、そのような地域にも医療に携わる方が一人でも多く訪問して健康状態のチェックをしてあげて欲しいです。

デイサービスや訪問介護を利用している方は施設の方が気にかけてくださいますが、

そのような方ばかりではないので。

おそらくそのような方向で動いているのかと思いますが、

圧倒的に人数が足りていないと思います。

 

通信手段がないので連絡の取りようがないのです。

倒木が邪魔して家に辿りつくのも大変な状況なので、

そこから出て自力で山を降りることは不可能です。

救急車も呼べません。携帯が通じるところまでおりて運良く呼べたとしても、

搬送するのには邪魔なものを避け家を探しだすだけでも相当な時間がかかると思います。

 

猛暑の中3日間の停電を経験し、復旧へのもどかしさを感じて過ごしてきましたが、

ガゾリンが手に入り遠くまで動けるようになり、

方々へ走ってみて改めて道路状況の悪さを実感しました。

 

倒木で通れない道が多く迂回しなくてはいけないですが、

そうすると一山ぐるっと巻いていかないといけません。

土砂崩れで水浸しの道路や垂れ下がった電線などそこら中です。

ただこのような状況を目の当たりにすると、復旧のもどかしさを感じつつも、

時間がかかるのも仕方ないのかなと感じました。

 

昨日はそのようなところにも電気工事の車を見かけました。

コンビニも自動販売機も何もない山奥で、とても足場の悪いところでした。

皆さん交代で作業にあたっているご様子でした。

暗くなるまで作業されてました。

本当にご苦労様ですという気持ち。

 

まん丸のお月さんが上にあり、停電の皆さんを照らしてせめても救いと感じました。

自然も人間も、誰も責めることはできない気がしました。

 

いつも遊びに来てくださるお客様のお住まいでも停電・断水が続いているようで心配です。

今朝の房総はとても涼しく秋虫が鳴いています。

どうかこの間に復旧しますように。

 

簡単になりますが近況ご報告・お礼とさせていただきます。

また、今回の件で老犬のことを気にかけてくださっているお客様、本当にありがとうございます。

 

仏頂面で度々ブログに登場していた我が家のラブラドールのメロウですが、

酸素室と大嫌いなオムツの介護生活から解放され旅立って行きました。

 

仕事を始める前からメロウを可愛がってくださった皆さん、

撮影時に遊んでくださったお客様、

そして、同じくワンと暮らすファミリーのお客様には本当に助けていただきありがとうございました。

 

撮影前にお亡くなりになられたわんちゃんのママとパパさん、

同じラブ飼いで亡くなられた方、また、闘病中のわんちゃんがいらっしゃる方には連絡を控えておりました。

この停電と暑さでうちの犬達のことを気にかけてくださりご連絡をいただいたのに、

このようなご報告になりましたことお許しください。

そしてありがとうございました。

落ち着きましたら皆さまにご連絡差し上げたいと思います。

 

一段落している暑さも今後ぶり返すこともあるかと思います。

被災されいる方はじめ、皆様もくれぐれもご自愛なさってください。

 

Myy

 

2019年9月13日

Please reload